過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午前 一般問題 問11

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
低圧の地中配線を直接埋設式により施設する場合に使用できるものは。
   1 .
600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)
   2 .
屋外用ビニル絶縁電線(OW)
   3 .
引込用ビニル絶縁電線(DV)
   4 .
600Vビニル絶縁電線(IV)
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 問11 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
21
評価しない
埋設できるのは「ケーブル」のみです。

「電線」とは区別して覚えましょう。

よって正解は1です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は1です。

地中を電線を埋設する方式には、電線管に収めた上で埋設する管路式と地中に設置する専用の暗きょに収める暗きょ式があります。

しかし電線自体を直接埋設することはできず、直接埋設が可能なのは、VVFケーブル・VVRケーブル・CVケーブルといったケーブルだけです。

なおケーブルとは電線の外側に、さらに外装(シース)があるものを指します。

大雑把にいえば、IV線を2本とか3本まとめてシースで覆ったものが、VVFケーブルということになります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は1です。

この問題は出題科目「電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具」

からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯絶縁電線、ケーブルの名称、記号、および用途を暗記している。

地中埋設工事で使用できる電線は下記があります。

・VVFケーブル:平形で単純な構造で価格も安いですが紫外線に弱い。

・VVRケーブル:基本構造はVVFと同じで形状が丸型。

 VVFケーブルよりも許容電流が多い。

・EM-EEFケーブル:VVFケーブルの環境配慮バージョンで割高。

・CVケーブル:強度や許容電流に優れ、かつ軽量で扱いやすく、

 よく使用されている。

ケーブルは絶縁被覆で覆った絶縁電線をさらに頑丈な保護材で覆ったもので、

この保護材がない絶縁電線は地中埋設工事では使えません。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1はCVケーブルのため地中配線に使用できます。

解答2は絶縁電線のため地中配線には使用できません。

解答3は絶縁電線のため地中配線には使用できません。

解答4は絶縁電線のため地中配線には使用できません。

よって正解は1になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。