過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午前 一般問題 問12

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
許容電流から判断して、公称断面積1.25mm2のゴムコード(絶縁物が天然ゴムの混合物)を使用できる最も消費電力の大きな電熱器具は。
ただし、電熱器具の定格電圧は100Vで、周囲温度は30℃以下とする。
   1 .
600Wの電気炊飯器
   2 .
1000Wのオーブントースター
   3 .
1500Wの電気湯沸器
   4 .
2000Wの電気乾燥器
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 問12 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
28
評価しない
ゴムコードの許容電流は、「断面積」によって決まります。
 ・0.75mm2・・・7A

 ・1.25mm2・・・12A

 ・2.0mm2・・・17A

問題では電圧100Vなので
 12(A)×100(V)=1200(W)
30℃であれば許容電流の低減率を気にする必要はないため、1200Wまで使うことができます。

従って正解は2番になります
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

正解は2です。

この問題は出題科目「電気機器・配線器具並びに電気工事用の

材料及び工具」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯ゴムコードの許容電流値を暗記している。

周囲温度が30℃のゴムコードの許容電流は下記になります。

公称断面積:0.75mm²なら7A

公称断面積:1.25mm²なら12A

公称断面積:2.0mm²なら17A

問題のゴムコードは公称断面積1.25mm2のため、許容電流値は12Aとなります。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1は定格電流は6Aです。

解答2の定格電流は10Aです。

解答3の定格電流は15Aです。

解答4の定格電流は20Aです。

よって許容電流値12Aにもっとも近い2が正解になります。

評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
公称断面積1.25mm2のゴムコードの許容電流は12Aです。

つまり100Vで使用する場合、100V×12A=1200Wが使用できる最大の消費電力となります。

選択肢の中で範囲内の最大のものを探すと、正解は2です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。