過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午前 一般問題 問20

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
低圧屋内配線の工事方法として、不適切なものは。
   1 .
金属可とう電線管工事で、より線(絶縁電線)を用いて、管内に接続部分を設けないで収めた。
   2 .
ライティングダクト工事で、ダクトの開口部を下に向けて施設した。
   3 .
金属線ぴ工事で、長さ3mの2種金属製線ぴ内で電線を分岐し、D種接地工事を省略した。
   4 .
金属ダクト工事で、電線を分岐する場合、接続部分に十分な絶縁被覆を施し、かつ、接続部分を容易に点検できるようにしてダクトに収めた。
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 問20 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
27
評価しない
不適切な選択肢は3です。

1は正しいです。
反対に電線管内に接続部分を設けている場合は不適切なパターンとして出題されることがあります。

2は正しいです。
開口部を上にすると、水がたまるので下向きにします。

3は間違いです。
線ぴに収めた場合は接地工事を省略することはできません。

4は正しいです。
実際の現場でも、ダクト上で照明配線やアース線を継ぎ足してテーピングすることはよくあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は3です。

金属線ぴ内で電線を分岐する場合には、D種接地工事の省略はできません。

ただし、分岐がなければ長さ4m以内の金属線ぴの接地工事を省略することはできます。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない

1:○

2:○

3:×

4:○

誤っている選択肢は3です。

金属線ぴ工事にはD種接地工事を施す必要があり、省略することはできません。

長さ4m以下のものを分岐なしで施工する場合は接地工事を省略することはできますが、本問題は線ぴ内で電線を分岐していますので省略不可です。

その他は全て適切な工事方法です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。