過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午前 一般問題 問23

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
硬質塩化ビニル電線管による合成樹脂管工事として、不適切なものは。
   1 .
管の支持点間の距離は2mとした。
   2 .
管相互及び管とボックスとの接続で、専用の接着剤を使用し、管の差込み深さを管の外径の0.9倍とした。
   3 .
湿気の多い場所に施設した管とボックスとの接続箇所に、防湿装置を施した。
   4 .
三相200V配線で、簡易接触防護措置を施した場所に施設した管と接続する金属製プルボックスに、D種接地工事を施した。
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 問23 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
18
評価しない

答えは1です。

1の解説

 合成樹脂管工事の場合、支持点間の距離は、1.5m以下でなければなりません。

2の解説

 硬質塩化ビニル電線管(VE管)の接続で、接着剤を使う場合、差込の深さは、管の外径の0.8倍以上です。

 ※接着剤を使わない場合は、管の外径の1.2倍以上

3の解説

 湿気の多い場所に施設した管とボックスとの接続箇所に、防湿装置を施すのは適切です。

4の解説

 三相200V→対地電圧150V以上ですのでD種接地を省略せずに施工する必要があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は1です。

合成樹脂管の支持点間の距離は1.5m以下にすべきです。

他の2・3・4は正しく述べています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1:×
2:○
3:○
4:○

誤った選択は1です。
合成樹脂管工事の場合、管の支持点間の距離は1.5m以下にする必要があります。
その他は全て適切な工事です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。