過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午前 一般問題 問22

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
簡易接触防護措置を施した乾燥した場所に施設する低圧屋内配線工事で、D種接地工事を省略できないものは。
   1 .
三相3線式200Vの合成樹脂管工事に使用する金属製ボックス
   2 .
三相3線式200Vの金属管工事で電線を収める管の全長が5mの金属管
   3 .
単相100Vの電動機の鉄台
   4 .
単相100Vの金属管工事で電線を収める管の全長が5mの金属管
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 問22 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
21
評価しない

答えは2です。

1の解説
 「合成樹脂管工事」において
 ・「乾燥した場所」に施設する場合
 ・対地電圧が150V以下で、簡易接触防護措置を施した場合

は、金属製ボックスのD種接地工事を省略することができます。

ここで問題文の、「乾燥した場所」の一文と合致するので、省略できます。

2の解説
 金属管工事で、D種接地工事が省略できる場合として、
 ・乾燥した場所で、金属管の長さが4m以下。
 ・対地電圧が150V以下で、長さが8m以下の管を、簡易接触防護措置を施すか、乾燥した場所に施設する場合
です。問題では三相3線式200Vなので、対地電圧は200Vであり、管の長さは5mなので、いずれも該当しません。

3の解説
 その他のD種接地工事が省略できる場合として
 ・対地電圧150V以下の機器を、乾燥した場所に設置
 ・乾燥した木製の床など、絶縁性のものの上で取り扱う
 ・水気のある場所以外に設置した機器に、漏電遮断器(感度電流15mA以下、動作時間0.1秒以内)を施設
 ・二重絶縁構造の機器

と、あります。
問題では、対地電圧150V以下の機器を、乾燥した場所に設置するため省略可能です。

4の解説
 2の解説の2番目に記載した条件に合致するため省略できます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は2です。

問題にある前提条件を満たした三相3線式200Vの金属管工事で4m以下であればD種接地工事を省略できます。

しかし5mとなっているため省略できません。

他の1・3・4はいずれも簡易接触防護措置を施した乾燥した場所に施設する低圧屋内配線工事であれば接地工事は省略可能です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1:○
2:×
3:○
4:○

誤った選択は2です。
D種接地工事が省略できる場合は、以下の2通りです。
・金属管の長さが4m以下
・対地電圧が150V以下で長さが8m以下の管
設問では管の全長が5mとなっているため該当しません。
その他は全てD種接地工事が省略可能です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。