過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午後 一般問題 問23

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
電磁的不平衡を生じないように、電線を金属管に挿入する方法として、適切なものは。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午後 一般問題 問23 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
15
評価しない
正解は1です。

電磁的不平衡とは、電流によって生じる電磁力が偏ることです。

この偏りは、電磁誘導によって金属管を加熱したり、電磁力により電線管に力が働くといった予期せぬトラブルの原因となります。

基本的に同じ系統の電線を1つにまとめて、相互の電流による電磁作用が打ち消し合うよう敷設します。

正解を除く選択肢では、どれも1本だけを金属管に挿入しており不適当です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

1:○
図の通りです。
正しい接続方法です。

2:×
電線を金属管に挿入する方法は正しいですが、線を交差させて負荷に接続してはいけません。
よって、誤った選択肢です。

3:×
電磁不平衡を生じさせないためには、負荷への接続線を全て1本の金属管に挿入する必要があります。
よって、誤った選択肢です。

4:×

電磁不平衡を生じさせないためには、負荷への接続線を全て1本の金属管に挿入する必要があります。
よって、誤った選択肢です。

評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
不平衡を生じないためには、各相のケーブルを同じ電線管に収める必要があります。

三相なら3本、単相なら2本を1本の電線管に収めている、適切な施工は1のみです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。