過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度下期 午前 配線図 問31

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
図は、木造3階建住宅の配線図である。この図に関する次の問いに対して、答えを1つ選びなさい。

【注意】
1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3. 漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
6. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

①で示す図記号の名称は。
問題文の画像
   1 .
プルボックス
   2 .
VVF用ジョイントボックス
   3 .
ジャンクションボックス
   4 .
ジョイントボックス
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度下期 午前 配線図 問31 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
10
評価しない

正解は、 4 です。

配線図の図記号で空洞の四角形をした図記号は、

何を意味するかという問題です。

配線図から見て、配線を接続する部分というのは分りますが、

接続部分には色々物を使用しますので選択肢ごとに説明いたします。

選択肢1

プルボックスとは、多数の電線管が集合する場所に使用します。

大きさも様々です。100×100×50㎜程度の物から、800×800×800㎜

程度のものまであります。

配線図記号は、四角形の中に×印が書いてあります。

選択肢2

VVF用ジョイントボックスは、VVFケーブル専用の接続ボックスです。

VVFケーブルを差し込むだけで接続できるものがあります。

配線図記号は、○の中に斜め線が3本書いてあります。

選択肢3

ジャンクションボックスですが、配線図の記号はありません。

junction(英)の意味は、接合、連接、連絡、接合点等を意味します。

選択肢4

ジョイントボックス(アウトレットボックス)は、

金属管や樹脂管工事で電線を通した配管と配管を接続する箱になります。

大きさは、プルボックスと違い100×100×50㎜程度の大きさに

統一されています。配線図記号は、空洞の四角形の形です。

よって、正解は、 4 になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

正解は4です。

この問題は出題科目「配線図」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯配線経路で使用する材料の図記号を暗記している。

配線経路には電線の接続箇所で使用するボックス類や電源ダクト、接地棒などがあります。

配線経路で使用する一般的な材料・器具の図記号や現物写真は暗記しましょう。

⑩の図記号はジョイントボックス(アウトレットボックス)です。

ジョイントボックスは、電線管を使用しないケーブル同士の接続や分岐するときに使用します。

しかしアウトレットボックスには電線管を使用するための打ち抜き穴があり、電線管を接続して使用もします。

ただアウトレットボックスは電線管を使用せず、打ち抜き穴にブッシングを取り付け、直にケーブルを引き込んで使用もできるためジョイントボックスとしての機能も併せ持っています。

それでは問題を解いていきます。

解答1はプルボックスのため不正解です。

プルボックスは、アウトレットボックスと同じく電線管を接続して内部で電線の分岐や接続を行います。

アウトレットボックスとの違いは、アウトレットボックスはJIS規格がありサイズが限定されますが、プルボックスにはJIS規格がなくサイズが豊富です。

アウトレットボックスでは接続できない多数の電線管を使用する場合は、プルボックスを使用します。

またアウトレットボックスには電線管接続用の打ち抜き穴がありますが、プルボックスに打ち抜き穴は無く自分で電線管用の穴を開けます。

解答2はVVF用ジョイントボックスのため不正解です。

ジョイントボックスは、電線管を使用しないケーブル同士の接続や分岐するときに使用します。

解答3はジャンクションボックスのため不正解です。

ジャンクションボックスは、電気工事で電線の中継接続で使用する部材の総称です。

このジャンクションボックスには(アウトレットボックス、ジョイントボックス、プルボックス、コンクリートボックス、スイッチボックスなど)が含まれ、現場環境によって使い分けます。

解答4はジョイントボックス(アウトレットボックス)のため正解です。

よって正解は4になります。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない

1:×

2:×

3:×

4:○

①で示す図記号はジョイントボックスです。

電線管を接続し、ボックス内で配線の接続を行います。

よって、4が正解となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。