過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35501問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンのトロリ及び作動装置に関し、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
クラブとは、トロリフレーム上に巻上装置と走行装置を備え、2本のレール上を自走するトロリをいう。
   2 .
マントロリは、トロリに運転室が取り付けられ、荷とともに運転室が昇降するものである。
   3 .
電動機、制動用ブレーキ、減速機、ドラムなどからなる巻上装置では、巻下げの際、荷により電動機が回されようとするので、電動機軸に速度制御用ブレーキを取り付け、速度の制御を行うものが多い。
   4 .
天井クレーンの一電動機式走行装置は、片側のサドルに電動機と減速装置を備え、電動機側の走行車輪のみを駆動する。
   5 .
ワイヤロープ式のホイストには、トップランニング式と呼ばれる普通形ホイストとサスペンション式と呼ばれるダブルレール形ホイストがある。
( クレーン・デリック運転士試験 平成29年(2017年)10月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
1.誤りです。
クラブとは、トロリフレーム上に巻上装置と横行装置を備え、2本のレール上を横行自走するトロリです。

2.誤りです。
マントロリとは、トロリに運転室を設けたものですが、荷とともに運転室は昇降しません。

3.正解です。
つり荷を巻下げる時には荷重によって電動機が回されようとしますので、これを防止して低速で巻下げを行うために電動機の軸に速度制御用ブレーキを取付けています。

4.誤りです。
1電動機式走行装置は、ガーダの中央付近に電動機と減速装置を取付けています。走行長軸の両側に取付けている小歯車(ピニオン)を回転させ、走行車輪の歯車(ギヤ)を駆動させています。

5.誤りです。
ワイヤロープ式のホイストには、サスペンション式
と呼ばれる普通形ホイストと、トップランニング式と呼ばれるダブルレール形ホイストがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正しいものは3番です。

3 .一般に、ドラムなどの巻き上げ装置は、巻き上げよりも、巻き下げの時の方が荷の重さによって電動機が回されようとするので、電動機軸に巻き下げ時の速度を制御する制御用ブレーキが取り付けられています。

1 .クラブとは巻き上げ装置、及び横行装置を取り付けたユニットのことをいい、ガーダ上を走行するトロリのことです。
2 .マントロリとは、トロリの運転室が取り付けられ、トロリとともに横行しますが、荷とともに上下することはないです。
4 .天井クレーンの一電動機式走行装置は車輪軸を回転させ、両側の車輪を駆動させて走行しています。
5 .サスペンション式のワイヤロープ式のホイストは、I形鋼のレール上を横行するホイストです。ダブルレール形ホイストはトップランニング式ホイストです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。