過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35529問」を出題

問題

[ 設定等 ]
カに関し、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
力が物体に作用する位置をその作用線上以外の箇所に移すと、物体に与える効果が変わる。
   2 .
一直線上に作用する二つの力の合力の大きさは、その二つの力の大きさの和又は差で求められる。
   3 .
物体の一点に二つ以上の力が働いているとき、その二つ以上の力をそれと同じ効果を持つ一つの力にまとめることができる。
   4 .
力の作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対である。
   5 .
力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線におろした垂線の長さをLとすれば、力のモーメントMは、M=F/Lで求められる。
( クレーン・デリック運転士試験 平成29年(2017年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
1.正しいです。

力が物体に作用する位置をその作用線上以外の箇所に移すと、物体に与える効果が変わります。

2.正しいです。

一直線上に作用する二つの力の合力の大きさは、その二つの力の大きさの和又は差で求められます。

3.正しいです。

物体の一点に二つ以上の力が働いているとき、その二つ以上の力をそれと同じ効果を持つ一つの力にまとめることができます。

4.正しいです。

力の作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対です。

5.誤りです。

力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線におろした垂線の長さをLとすれば、力のモーメントMは、M=F×Lで求められます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
誤っているのは5番です。

5 .力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線におろした垂線の長さをLとしたとき、力のモーメントMを求める式は、M = F × Lとなります。

1 .力が物体に作用する位置をその作用線上から変わると、力が作用していた物体に与える効果は変化します。
2 .一直線上に作用する2つの力の合力は、2つの力が同じ向きであればその2つの力の和、反対向きであれば2つの力の差で求めることができます。
3 .物体の一点に2つに以上の力が働いているとき、その2つの力のが1つの合力となって、物体に働きます。
4 .力の作用と反作用とは、同じ直線状で、反対向きの同じ大きさの力のことをいいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。