過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35532問」を出題

問題

[ 設定等 ]
物体の重心及び安定に関し、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
重心は、物体の形状によらず、物体の内部にある。
   2 .
複雑な形状の物体の重心は、二つ以上の点になる場合がある。
   3 .
物体を構成する各部分には、それぞれ重力が作用しており、それらの合カの作用点を重心という。
   4 .
水平面上に置いた直方体の物体を傾けた場合、重心からの鉛直線がその物体の底面を外れるときは、その物体は元の位置に戻る。
   5 .
直方体の物体の置き方を変える場合、重心の位置が低くなるほど安定性は悪くなる。
( クレーン・デリック運転士試験 平成29年(2017年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
正しいのは3番です。

3 .物体の各部分には、ぞれぞれに重力が作用しており、物体の全ての部分の合力の作用点を重心といいます。一つの物体の重心は一点のみです。

1 .物体の重心は、物体の各部の重力の合力の作用点であるため、物体の外部にあることもあります。

2 .一つに物体の重心は必ず1つしかありません。点が2つある場合は、2点の合力の点が重心です。

4 .水平面に置いた物体を傾けた場合、重心から垂直線がその物体の底面を外れたとき(つまり重心が底面の上にない時))、その物体は傾けた方向に倒れます。

5 .物体を置くとき、重心が低くあればあるほど物体は安定します
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.誤りです。

重心は、物体の形状によっては、物体の内部にあるとは限りません。

2.誤りです。

複雑な形状の物体であっても、重心は一つの点です。

3.正しいです。

物体を構成する各部分には、それぞれ重力が作用しており、それらの合カの作用点を重心といいます。

4.誤りです。

水平面上に置いた直方体の物体を傾けた場合、重心からの鉛直線がその物体の底面を外れるときは、その物体は元の位置に戻らずに倒れます。

5.誤りです。

直方体の物体の置き方を変える場合、重心の位置が低くなるほど安定性は良くなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。