過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35535問」を出題

問題

[ 設定等 ]
荷重に関し、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
円筒形の丸棒の一端の面を壁に当てて、丸棒を壁に垂直に固定し、棒の軸を中心として他方の端を回転させようとするときに働く荷重は、せん断荷重である。
   2 .
天井クレーンのガーダには、主に引張荷重がかかる。
   3 .
荷重には静荷重と動荷重があり、動荷重には繰返し荷重と衝撃荷重がある。
   4 .
荷を巻き下げているときに急制動すると、玉掛け用ワイヤロープには、圧縮荷重がかかる。
   5 .
クレーンのフックには、曲げ荷重と圧縮荷重がかかる。
( クレーン・デリック運転士試験 平成29年(2017年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.誤りです。

円筒形の丸棒の一端の面を壁に当てて、丸棒を壁に垂直に固定し、棒の軸を中心として他方の端を回転させようとするときに働く荷重は、ねじり荷重です。

2.誤りです。

天井クレーンのガーダには、主に曲げ荷重がかかります。

3.正しいです。

荷重には静荷重と動荷重があり、動荷重には繰返し荷重と衝撃荷重があります。

4.誤りです。

荷を巻き下げているときに急制動すると、玉掛け用ワイヤロープには、衝撃荷重がかかります。

5.誤りです。

クレーンのフックには、曲げ荷重と引張荷重がかかります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正しいものは3番です。

1 .円筒形の丸棒の一端の面を壁に当てて、丸棒を壁に垂直に固定し、棒の軸を中心として他方の端を回転させようとするとき、円筒型の丸棒にはねじり荷重がかかります。

2 .天井クレーンのガーダには、主に下方向に曲げ荷重がかかります。

3 .常時かかっている荷重は静荷重とよばれ、一定でない荷重は動荷重と呼ばれています。動荷重には繰り返し荷重と衝撃荷重があります。

4 .荷を巻き下げているときに、急制動(停止)すると、玉掛けワイヤーロープには引張荷重がかかります。

5 .クレーンのフックには、曲げ荷重と引張荷重がかかります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。