過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35548問」を出題

問題

[ 設定等 ]
デリックに関する用語について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
デリックの作業範囲とは、デリックの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいう。
   2 .
ブームを有するデリックにおいて、旋回中心を軸としてブームが回る運動を旋回という。
   3 .
揚程とは、つり具を有効に上げ下げできる上限と下限との間の垂直移動距離をいう。
   4 .
ブームの傾斜角とは、ブームの中心線と水平面とのなす角をいい、これが大きくなると揚程は小さくなる。
   5 .
ブームを有するデリックで、つり上げ荷重とは、ブームの傾斜角を最大にしたときに構造及び材料に応じて負荷させることができる最大の荷重をいい、フックなどのつり具分が含まれる。
( クレーン・デリック運転士試験 平成30年(2018年)4月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
誤っているのは4番です。

4 .ブームの傾斜角とは、ブームの中心線と水平面とのなす角をいい、傾斜角が大きくなると揚程も大きくなります。

1 .デリックの各種の運動により、荷を吊った状態で移動させることができる範囲のことを作業範囲といいます。

2 .ブームを有するデリックは、旋回軸を中心としたブームが回る運動を旋回といいます。

3 .デリックの吊り具を有効に上げ下げできる垂直範囲を揚程といいます。

5 .ブームを有するデリックのつり上げ荷重は、ブームの傾斜角を最大に傾けたとき、構造及び材料に応じて負荷させることができる最大の荷重のことをいい、これにはフック等の吊り具の重さも含まれます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.正しいです。

デリックの作業範囲とは、デリックの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいいます。

2.正しいです。

ブームを有するデリックにおいて、旋回中心を軸としてブームが回る運動を旋回といいます。

3.正しいです。

揚程とは、つり具を有効に上げ下げできる上限と下限との間の垂直移動距離をいいます。

4.誤りです。

ブームの傾斜角とは、ブームの中心線と水平面とのなす角をいい、これが大きくなると作業半径は小さくなります。

5.正しいです。

ブームを有するデリックで、つり上げ荷重とは、ブームの傾斜角を最大にしたときに構造及び材料に応じて負荷させることができる最大の荷重をいい、フックなどのつり具分が含まれます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。