過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第49771問」を出題

問題

[ 設定等 ]
電動機に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
三相誘導電動機の回転子は、固定子の回転磁界により回転するが、負荷がかかると同期速度より 2 ~ 5 % 遅く回転する性質がある。
   2 .
巻線形三相誘導電動機は、固定子側も回転子側も巻線になっており、回転子側の巻線はスリップリングを通して外部抵抗と接続される。
   3 .
かご形三相誘導電動機の回転子は、鉄心の周りに太い導体が、かご形に配置された簡単な構造である。
   4 .
三相誘導電動機の同期速度は、周波数を一定とすれば、極数が少ないほど遅くなる。
   5 .
直流電動機は、一般に速度制御性能が優れているが、整流子及びブラシの保守が必要である。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)4月 原動機及び電気に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
適切でないのは4番です。

4 .三相誘導電動機の同期速度の計算は、同期速度=120×周波数/極数、となっています。よって極数が少なくなれば同期速度は速くなります。

1 .三相誘導電動機の回転子は、固定子の回転磁界により回転するが、負荷がかかると同期速度より 2 ~ 5 % 回転が遅くなり、この性質をすべりと言います。

2 .巻線形三相誘導電動機は、固定子側も回転子側も巻線になっており、回転子側の巻線はスリップリングを通して外部抵抗と接続された構造となっています。

3 .かご形三相誘導電動機の回転子は、真ん中の鉄心の周りに太い導体があり、かご形に配置された簡単な構造であることからかご型と呼ばれています。

5 .直流電動機は、一般に速度制御性能が優れているが、整流子及びブラシの保守が必要であり、定期的にブラシを交換する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1 .適切です。
三相誘導電動機の回転子は、回転磁界よりも 2 ~ 5 % 遅く回転する性質があります。

2 .適切です。
巻線形三相誘導電動機は、固定子(一次側)も回転子(二次側)も巻線になっています。
回転子側の巻線はスリップリングを通して外部抵抗と接続されています。

3 .適切です。
かご形三相誘導電動機の回転子は、鉄心の周りに太い導体(銅線)が、かご形に配置された簡単な構造です。

4 .適切ではないです。
三相誘導電動機の同期速度は、電源周波数に比例して、極数に反比例します。
周波数を一定とすれば、極数が多いほど遅くなります。

5 .適切です。
直流電動機は、交流を用いる誘導電動機に比べると、速度制御性能が優れていますが、整流子及びブラシの保守が必要という短所があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。