過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第49780問」を出題

問題

[ 設定等 ]
物体に働く摩擦力に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
他の物体に接触し、その接触面に沿う方向の力が作用している物体が静止しているとき、接触面に働いている摩擦力を静止摩擦力という。
   2 .
静止摩擦力は、物体に徐々に力を加えて物体が接触面に沿って動き出す瞬間に最大となる。
   3 .
運動摩擦力の大きさは、物体の接触面に作用する垂直力の大きさと接触面積に比例する。
   4 .
物体に働く運動摩擦力は、最大静止摩擦力より小さい。
   5 .
円柱状の物体を動かす場合、転がり摩擦力は滑り摩擦力に比べると小さい。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)4月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
適切でないのは3番です。

3 .運動摩擦力の大きさは、物体の接触面に作用する垂直力の大きさに比例します。

1 .静止摩擦力とは、他の物体に接触し、その接触面に沿う方向の力が作用している物体が静止しているとき、接触面に働いている摩擦力のことをいいます。

2 .静止摩擦力を測定する時は、物体に徐々に力を加え、物体が接触面に沿って動き出す瞬間の値になります。

4 .物体が動き始めるときに最も大きな力が必要です。このことから、動いている運動摩擦力は静止摩擦力より小さいことになります。

5 .円柱状に物を動かすとき、滑らせていくより、転がしていく方がより小さな力で動かすことができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1 .正しいです。
静止摩擦力とは、物体が静止しているときに接触面に働いている摩擦力のことをいいます。

2 .正しいです。
静止摩擦力は、物体が接触面に沿って動き出す瞬間が最大となります。

3 .誤りです。
運動摩擦力の大きさは、物体の接触面に作用する垂直力の大きさには比例しますが、接触面積の大きさには比例しません。

4 .正しいです。
運動摩擦力は、最大静止摩擦力より小さいです。

5 .正しいです。
転がり摩擦力は滑り摩擦力に比べると小さいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。