過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第52378問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンに関する用語の記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
天井クレーンの寄りとは、クラブトロリをクレーンガーダ端の停止位置まで寄せたときのつり具中心と走行レール中心間の最小の水平距離をいう。
   2 .
定格速度とは、つり上げ荷重に相当する荷重の荷をつって、巻上げ、走行、横行、旋回などの作動を行う場合のそれぞれの最高の速度をいう。
   3 .
つり上げ荷重とは、クレーンの構造及び材料に応じて負荷させることができる最大の荷重をいい、フックなどのつり具分が含まれる。
   4 .
ケーブルクレーンで、トロリがメインロープに沿って移動することを横行という。
   5 .
クレーンの作業範囲とは、クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいう。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)10月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
適切でないのは2番です。

2 .定格速度とは、定格荷重(最大吊り上げ荷重)の荷を吊って、巻上げ、旋回などの作動を行う場合のそれぞれの最高の速度のことです。 

1 .天井クレーンのクラブトロリをクレーンガーダ端の停止位置まで寄せ、その際の吊り荷中心と走行レールの中心間の最小距離を寄りと言います。

3 .クレーンのつり上げ荷重には吊り荷の他に、フック等の吊り具も含まれます。

4 .クレーンの横行とは、トロリがメインロープに沿って走行することをいいます。

5 .クレーンの各部の可能範囲、及び荷を動かせる範囲をクレーンの作業範囲といいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。

1.正しいです。
天井クレーンの寄りとは、クラブトロリをクレーンガーダ端の停止位置まで寄せたときのつり具中心と走行レール中心間の最小の水平距離をいいます。

2 .誤りです。
定格速度とは、定格荷重に相当する荷重の荷をつって、巻上げ、走行、横行、旋回などの作動を行う場合のそれぞれの最高の速度をいいます。

3 .正しいです。
つり上げ荷重とは、クレーンの構造及び材料に応じて負荷させることができる最大の荷重をいいます。フックなどのつり具分も含まれるので注意しましょう。

4 .正しいです。
横行とは、トロリがメインロープに沿って移動する運動のことをいいます。

5 .正しいです。
クレーンの作業範囲とは、クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動させることのできる範囲をいいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。