過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第52386問」を出題

問題

[ 設定等 ]
デリックの取扱いに関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
巻過防止装置を備えていないデリックは、巻過警報装置を取り付けるか、巻上げ用ワイヤロープに目印を付けて巻過ぎを防止する。
   2 .
旋回するブームを有するデリックは、旋回範囲の限界を超えて旋回させると、旋回用ワイヤロープの切断などの事故を引き起こすことになる。
   3 .
ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、止め金を外し、クラッチをつなぎ、スイッチを切って送電を待つ。
   4 .
巻下げのとき、ドラムをフリーにして、ブレーキだけで速度を制御するデリックの場合は、急ブレーキによる衝撃を避けるため、慎重な運転操作が求められる。
   5 .
みぞ付きでないドラムにワイヤロープを重ね巻きにするデリックは、ワイヤロープのフリートアングルが制限されている。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)10月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
適切でないのは3番です。

3 .ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときの対処として、ブレーキに歯止め又は止め金を掛け、クラッチを外し、スイッチを切り、電気の復帰をを待つ必要があります。

1 .巻過防止装置を備えることができないデリックでは、ワイヤの巻過ぎを防止するために巻上げ用ワイヤロープに目印を付け、目印を目視で確認しながら運転する必要があります。

2 .旋回をするデリックが旋回範囲の限界を超えて旋回させると、旋回用ワイヤーロープが切断する危険があり、通常は旋回範囲を超えないようにリミットスイッチを設けるなど対策をする必要があります。

4 .ブレーキだけで巻き下げをコントロールするデリックの操作は、急ブレーキにより衝撃が発生し、ワイヤーロープが切れる危険があるため、慎重な運転操作が必要です。

5 .みぞ付きでないドラムにワイヤロープを重ね巻きにするデリックは、乱巻きによるワイヤーロープの損傷を防止するため、ワイヤーロープのフリートアングルを長くとる必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1 .正しいです。
巻過防止装置を備えていないデリックは、巻過警報装置を取り付けるか、巻上げ用ワイヤロープに目印を付けるなどをして、ワイヤーロープの巻過ぎによる事故を防止するための措置を講じなければなりません。

2 .正しいです。
旋回するブームを有するデリックは、旋回範囲の限界を超えて旋回させることは禁止されています。

3 .誤りです。
ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、急な復旧による事故を防止する措置として、止め金を掛け、クラッチを外し、スイッチを切って送電を待つようにしましょう。

4 .正しいです。
巻下げのとき、ドラムをフリーにして、ブレーキだけで速度を制御するデリックの場合は、急ブレーキによる衝撃や荷の落下を避けるため、慎重な運転操作を行いましょう。

5 .正しいです。
みぞ付きでないドラムにワイヤロープを重ね巻きにするデリックは、ワイヤーロープを傷めないようにワイヤロープのフリートアングルが制限されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。