美容師の過去問
第31回
美容の物理・化学 問36

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (2件)

01

正解:1 正しいものを選ぶので他は誤りです。

2 フェノールフタレイン(pH指示薬)液はpH8.3~10の範囲で赤色を示します。

3 赤色リトマス試験紙は、酸性の水溶液では変色しません。アルカリ性の水溶液で青変します。

4 青色リトマス試験紙は、アルカリ性の水溶液では変色しません。酸性の水溶液で赤変します。

参考になった数10

02

答えは1です。

【pH指示薬】とは、
水溶液が酸性、中性、アルカリ性かが判るものになります。

・リトマス紙
青色リトマス紙が赤に変化→酸性
赤色リトマス紙が青に変化→アルカリ性
青色リトマス紙も赤色リトマス紙も変化しない→中性

・フェノールフタレイン
赤色に変化→アルカリ性
無色のまま→酸性か中性


1、
フェノールフタレイン溶液が無色の時は、酸性です。
よって、正しいです。

2、
フェノールフタレイン溶液は青色に変化することはありません。
よって、間違いです。

3、
赤色リトマス紙が青に変化する時は、アルカリ性です。
よって、(酸性)→(アルカリ性)の間違いです。

4、
青色リトマス紙が赤色に変化する時は、酸性です。
よって、(アルカリ性)→(酸性)の間違いです。

参考になった数5