美容師の過去問
第31回
美容の物理・化学 問37

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (3件)

01

正解:4 誤っているものを選ぶので他は正解です。

天然色素はタール色素に比べ着色力や耐光性、耐薬性が劣るだけでなく、高価なため香粧品に使用されるものは少ないです。

参考になった数11

02

答えは4です。

【色材】とは、

香粧品に色を付ける成分のこと言います。

肌や毛髪の色調をコントロールして美しく見せるために使用します。

色材は

・無機顔料

 白色顔料・・・酸化チタン、カーボンブラックなど

 着色顔料・・・酸化鉄、酸化亜鉛など

 体質顔料・・・タルク、カオリンなど

・有機合成色素(タール色素)・・・染料、顔料、レーキ

・光輝性顔料・・・雲母チタンなど

・天然色素・・・βカロチン、ベニバナ赤など

に、分けられます。

1、

タルクは体質顔料です。

天然産の滑石を微粉砕したもので、おしろい類やベビーパウダーに用いられます。

よって、正しいです。

2、

タール色素は別名法廷色素と言います。

「医薬品に使用することのできるタール色素を定める省令」で、83種類の染料と顔料、54種類のレーキの使用が厚生労働省から認められています。(これ以外は使用不可)

よって、正しいです。

3、

微粒子酸化チタンは、波長400㎚以下の紫外線を吸収します。

よって、正しいです。

4、

天然色素は、着色力、耐光性、耐薬性がタール色素に比べて劣ります。

天然色素自体が高価な原料のため、香粧品に用いられることは少ないです。

よって、(優れている)→(劣っている)の間違いです。

参考になった数1

03

正解は、4です。

1 タルクは、滑石を原料として作られる体質顔料です。

2 化粧品に使用できるタール色素は、厚生省令で定められています。

3 微粒子酸化チタンは、紫外線遮断剤として用いられます。

4 天然色素は、タール色素に比べ安全で着色力などは劣ります。

参考になった数2