過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師の過去問 第34回 関係法規・制度 問3

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
美容所の立入検査に関する次の文章の(   )内に入る語句の組合せのうち、正しいものはどれか。

「立入検査は、環境衛生監視員が( A )を携帯して、美容師が講ずべき衛生措置及び( B )を検査するものであり、立入検査を妨害した者は、( C )ことがある。」
   1 .
(A)捜査令状         (B)労務管理の状況           (C)罰金に処される
   2 .
(A)身分を示す証明書 (B)開設者が講ずべき衛生措置 (C)罰金に処される
   3 .
(A)捜査令状         (B)開設者が講ずべき衛生措置 (C)業務停止処分を受ける
   4 .
(A)身分を示す証明書 (B)労務管理の状況           (C)業務停止処分を受ける
( 第34回 美容師国家試験 関係法規・制度 問3 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (4件)

3
正解は 2 です。

「立入検査は、環境衛生監視員が( A.身分を示す証明書 )を携帯して、美容師が講ずべき衛生措置及び( B.開設者が講ずべき衛生措置 )を検査するものであり、立入検査を妨害した者は、( C.罰金に処される )ことがある。」
付箋メモを残すことが出来ます。
2
まずは、消去法で考えていきましょう。

環境衛生監視員は警察ではないので、「捜査令状」はおかしいです。このため、まず、(1)と(3)は間違いです。

次は、環境衛生監視員は何を検査するかです。
美容所が衛生的かどうかを検査するので、労務管理の状況はおかしいです。よって、(4)は間違いです。

そうすると、自然に答えがでますね。
「(A)身分を示す証明書(B)開設者が講ずべき衛生措置(C)罰金に処される」の(2)が正しいです。
0
正解は、2です。

「立入検査は、環境衛生監視員が( 身分を示す証明書 )を携帯して、美容師が講ずべき衛生措置及び( 開設者が講ずべき衛生措置 )を検査するものであり、立入検査を妨害した者は、( 罰金に処される )ことがある。」
このような類の問題は、暗記してしまうとスムーズに解答することが出来ます。
0

正解は2です。

美容所の立入検査に関する記述の穴埋めをしていきましょう。

立ち入り検査を行うのは環境衛生監視員で、その身分を示す証明書を携帯し、関係者の請求があつたときは、これを提示しなければならないと定められています。(美容師法第4条の13②)

Aは身分を示す証明書です。

環境衛生監視員が検査するのは、美容師が講ずべき措置(美容師法第8条)及び開設者が講ずべき衛生措置(美容師法第13条)についてです。

Bは開設者が講ずべき衛生措置です。

立ち入り検査を拒み妨げ忌避した者には30万円以下罰金に処されることがあると定められています。(美容師法第17条の4 2)

Cは罰金に処されるです。

A:身分を示す証明書 B:開設者が講ずべき衛生措置 C:罰金に処される の組み合わせです。

※e-GOV美容師法:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=332AC1000000163

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この美容師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。