過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師の過去問 第34回 公衆衛生・環境衛生 問10

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
衛生害虫に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
ハエは、日本脳炎を媒介する。
   2 .
蚊は、幼虫、サナギを経て、短いものでは2週間程度で成虫となる。
   3 .
シラミには、頭部に寄生するアタマジラミという種類のものがいる。
   4 .
ダニは、虫体だけでなく、その糞もぜんそくの原因となる。
( 第34回 美容師国家試験 公衆衛生・環境衛生 問10 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (4件)

5
(1)は間違いです。
日本脳炎は蚊が媒介する疾患です。
ハエは、消化器系の赤痢、チフス、コレラ、O-157、ポリオを媒介します。

(2)蚊は成虫になるのが速く、寿命もとても短いです。
ハエなどは成虫になるのにもっと時間がかかります。

(3)人に寄生するシラミには、アタマジラミ、ケジラミ、コロモジラミの3種類があります。

(4)ダニの死骸や糞が入った埃を吸い込むこともぜんそくの原因です。
付箋メモを残すことが出来ます。
1

正解は1です。

選択肢1. ハエは、日本脳炎を媒介する。

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスに感染した豚の血液を吸った(アカイエカ)に刺されることで感染します。

1が誤った説明です。

選択肢2. 蚊は、幼虫、サナギを経て、短いものでは2週間程度で成虫となる。

蚊は早ければ10日から15日で、卵から幼虫、サナギを経て成虫になります。

2が正しい説明です。

選択肢3. シラミには、頭部に寄生するアタマジラミという種類のものがいる。

シラミには、頭髪につくアタマジラミと衣類につくコロモジラミ、成人の陰毛につくケジラミがあります。

3も正しい説明です。

選択肢4. ダニは、虫体だけでなく、その糞もぜんそくの原因となる。

ダニは、その虫体(死骸)やぜんそくの原因であるアレルゲンになります。

4も正しい説明です。

1
正解は、1です。

日本脳炎の感染経路はハエではなく、蚊です。
1
正解は 1 です。

日本脳炎を媒介するのは「蚊」です。
ハエが媒介するのは、赤痢やポリオなどです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この美容師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。