過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29134問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。)の安全弁について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
伝熱面積が100㎡以下の蒸気ボイラーには、安全弁を1個備えなければならない。
   2 .
貫流ボイラー以外の蒸気ボイラーのボイラー本体の安全弁は、弁軸を鉛直にしてボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付けなければならない。
   3 .
貫流ボイラーに備える安全弁については、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量のものを過熱器の出口付近に取り付けることができる。
   4 .
過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。
   5 .
水の温度が120℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年4月公表 関係法令 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
1. 誤っています。伝熱面積50㎡を超える鋼製蒸気ボイラーには、2個以上の安全弁を備えなければならず、伝熱面積が50㎡以下の蒸気ボイラーでは、1個とすることができるので、100㎡以下の蒸気ボイラーに、安全弁1個では安全弁の数が不足しています。

2. 正しいです。安全弁は、容易に検査できる位置に、弁軸を鉛直にして直接取り付けなければなりません。

3. 正しいです。ボイラー構造規格第一編鋼製ボイラー第四章に、「貫流ボイラーについては、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量の安全弁を過熱器の出口付近に取り付けることができる。」とあります。

4. 正しいです。過熱器の安全弁は、過熱器の温度を設計温度以下に保持することができるよう過熱器の出口付近に備えなければなりません。

5. 正しいです。水の温度が120℃を超える温水ボイラーでは、圧力を最高使用圧力以下に保持できる安全弁を備えなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.誤っています。伝熱面積が50㎡以下の蒸気ボイラーには、安全弁を1個備えなければなりません。また、伝熱面積が50㎡以上の蒸気ボイラーには、安全弁を2個備えなければなりません。

2.正しいです。安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、なお且つ、弁軸を鉛直にしなければなりません。

3.正しいです。安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付けるという規定でしたが、貫流ボイラーに関しては、ボイラーの最大蒸発量以上の吹き出し量の安全弁を過熱器の出口付近に取り付けることが出来ます。

4.正しいです。過熱器の安全弁は、ボイラー本体の安全弁よりも先に動作するように調整する必要があります。

5.正しいです。水の温度が120℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければなりません。また、水の温度が120℃以下の温水ボイラーには、逃がし弁を備えなければなりません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正答は「1」です。

設問は、鋼製ボイラ(小型ボイラを除く。)の安全弁について問われています。

以下に、選択肢ごとに説明します。

 1.ボイラー構造規格第62条第1項に「蒸気ボイラーには、内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することができる安全弁を2個以上備えなければならない。ただし、伝熱面積50㎡以下の蒸気ボイラーにあっては、安全弁を1個とすることができる」とあります。
   伝熱面積100㎡の蒸気ボイラには安全弁を2個以上備える必要があり、誤りであることがわかります。

 2.ボイラー構造規格第62条第2項に「安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、かつ、弁軸を鉛直にしなければならない。」とありますので、正しいことがわかります。
   ただし、同規格第63条第2項に「貫流ボイラーにあっては、第62条第2項の規定にかかわらず、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量の安全弁を過熱器の出口付近に取り付けることができる。」とあり、貫流ボイラについては、この項目が除外されます。

 3.2.でも説明しましたが、ボイラー構造規格第63条第2項に「貫流ボイラーにあっては、第62条第2項の規定にかかわらず、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量の安全弁を過熱器の出口付近に取り付けることができる。」とあり、正しいことがわかります。

 4.ボイラー構造規格第63条第1項に「過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない」とあり、正しいことがわかります。

 5.ボイラー構造規格第65条第1項に「水の温度が120℃以下の温水ボイラーには、圧力が最高使用圧力に達すると直ちに作用し、 かつ、内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することができる逃がし弁を備えなければならない。」とあり、選択肢が正しいことがわかります。
   ただし、水の温度が120℃以下の温水ボイラーで、容易に検査ができる位置に内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することができる逃がし管を備えたものについては、この限りではありません。

以上の説明により、選択肢1が誤っていることがわかります。

正答は「1」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。