過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第32005問」を出題

問題

[ 設定等 ]
暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーにハートフォード式連結法により返り管を取り付ける目的は、次のうちどれか。
   1 .
蒸気圧力の異常な昇圧を防止する。
   2 .
熱伝達率を向上させる。
   3 .
不純物のボイラーヘの混入を防止する。
   4 .
低水位事故を防止する。
   5 .
燃焼効率を向上させる。
( 二級ボイラー技士試験 平成29年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は 4 です。

返り管はドレンの水を再利用するためにとりつけられます。
給水管は返り管に取り付けられ、給水の逆止弁が壊れたとしても低水位事故につながりにくくなります。

1 返り管で圧力を調節することはできません。

2 返り管で熱伝達率を向上させることはできません。

3 返り管に不純物のボイラーへの混入を防止する役割はありません。

5 返り管で燃焼効率を向上させることはできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1.誤っています。
蒸気圧力の異常な昇圧を防止する為ではありません。

2.誤っています。
熱伝達率を向上させる為ではありません。

3.誤っています。
不純物のボイラーヘの混入を防止する為ではありません。

4.正解です。
低水位事故を防止するためになります。返り管の取り付け位置は、安全低水面以下150mm以内の位置になります。

5.誤っています。
燃焼効率を向上させる為ではありません。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正答は「4」です。

設問は、暖房用鋳鉄製蒸気ボイラのハートフォード式連結法について問われています。

以下に、説明します。

暖房用鋳鉄製蒸気ボイラに施すハートフォード式連結法とは、ボイラの給水管に返り管を接続し、返り管が空になっても、ボイラ水位が安全低水面付近まで確保される方式です。

以上の説明により、選択肢4が正しいことがわかります。

正答は「4」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。