過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第32045問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文中[   ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは( 1 )〜( 5 )のうちどれか。

「暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーでは、[ A ]を循環して使用するが、給水管はボイラーに直接接続しないで[ B ]に取り付けるハートフォード式連結法が用いられる。」
   1 .
A. 蒸気、B. 給水管
   2 .
A. 蒸気、B. 返り管
   3 .
A. 復水、B. 返り管
   4 .
A. 復水、B. 給水管
   5 .
A. 給水、B. 逃がし管
( 二級ボイラー技士試験 平成29年10月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は「3」です。暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーでは、”復水”を循環して使用するが、給水管はボイラーに直接接続しないで”返り管”に取り付けるハートフォード式連結法が用いられます。ハードフォード式連結法とは、返り管を安全低水面まで上げることで、空の状態であってもボイラー水が安全低水面まで確保できるため、低水位事故を未然に防ぐことができるようにしたものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は3です。

暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーでは、復水を循環して使用するが、給水管はボイラーに直接接続しないで返り管に取り付けるハートフォード式連結法が用いられます。返り管の高さは、安全低水面以下150mm以内の高さになります。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は、3です。
鋳鉄製ボイラーに関する問題です。

◎鋳鉄
鋳鉄とは、炭素含有量が多く、硬くて粘りが無い(脆い)性質の金属です。

◎鋳鉄製ボイラー
鋳鉄製ボイラーとは、鋳物の型からいくつかのセクション(部分)に分けて作られ、セクションを組み合わせる事により1つのボイラーになります。
鋳鉄製ですので温水用(0.5Mpa以下)と蒸気用(0.1Mpa以下)があり、いずれも低圧用となります。その材料の性質上、大容量高圧ボイラーには適さないです。

◎復水とハートフォード式連結法
ボイラーで発生させた蒸気は、暖房をした後、復水になります。
その復水を返り管を通して、ボイラーの給水として再利用します。(循環しています)
給水管は、ボイラー本体直接ではなく、返り管に接続され、復水と伴にボイラーへ給水されます。
その様な返り管を介したボイラー本体への給水方法をハートフォード式連結法といいます。
ボイラー本体への給水位置は、安全低水面より上部に水が残る位置となっています。
目的は、ボイラーの空焚き防止です。


評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正答は「3」です。

設問は、暖房用鋳鉄製蒸気ボイラについて問われています。

以下に、説明します。

 暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーでは、蒸気が熱を奪われて水になった復水を循環して使用しています。
 復水は返り管を通って、ボイラに戻されます。

 ハートフォード式連結法は、給水管をボイラ直接ではなく、この返り管に接続する方法のことで、給水は復水とともにボイラ内へと供給されることになります。

 なお、給水位置は安全低水面とし、ボイラ内の水位を確保して、空焚きを防ぐ役割をしています。

以上の説明により、A欄には「復水」、B欄には「返り管」が入るため、選択肢3が正しいことがわかります。

正答は「3」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。