過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第34285問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。
   2 .
煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス温度が高いほど大きくなる。
   3 .
押込通風は、平衡通風より大きな動力を要し、気密が不十分であると、燃焼ガスが外部へ漏れ、ボイラー効率が低下する。
   4 .
誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを必要とする。
   5 .
平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。
( 二級ボイラー技士試験 平成30年4月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は 3 です。

押込通風は平衡通風より小さな動力で稼働可能ですが、気密性が不十分であると燃焼ガスが外部に漏れ、ボイラー効率が落ちます。

1. 炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風といいます。

2. 煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス温度が高いほど大きくなります。

4. 誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを必要とします。

5. 平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られます。平衡通風は押込通風と誘引通風を組み合わせた方式です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.正解です。
記載の通り、炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風といいます。

2.正解です。
煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス温度が高いほど大きく、また、煙突の高さが高いほど、大きくなります。

3.誤っています。
押込通風は、平衡通風より小さな動力を要し、気密が不十分であると、燃焼ガスが外部へ漏れ、ボイラー効率が低下します。

4.正解です。
誘引通風は比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを必要とします。したがって、所要動力が大きくなります。

5.正解です。
平衡通風は燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られます。また、燃焼ガスが外部へ漏れることがありません。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正答は「3」です。

設問は、ボイラの通風について問われています。

以下に、選択肢ごとに説明します。

 1.炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風といいます。

 2.煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス温度が高いほど大きくなります。
   燃焼ガスの温度が下がってくると、容積が小さくなってくるため、その収縮力が通風力となるためです。

 3.押込通風は、誘引通風や平衡通風よりも小さな動力済みますが、気密が不十分であると燃焼ガスが外部へ漏れることによって熱が逃げるため、ボイラ効率が低下します。
   押込通風では、炉内は正圧となります。

 4.誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、押込通風よりも大型のファンを必要とします。
   誘引通風では、炉内は負圧となります。

 5.平衡通風は、燃焼調節が容易であり、押込ファンと誘引ファンの力があるため、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られます。
   平衡通風では、炉内は少し負圧になるように調整します。

以上の設問により、選択肢3が誤っていることがわかります。

正答は「3」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。