過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第38915問」を出題

問題

[ 設定等 ]
単純軟化法によるボイラー補給水の軟化装置について、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
水中の鉄のイオン化を減少させる装置である。
   2 .
強酸性陽イオン交換樹脂により、水中の硬度成分を樹脂のナトリウムと置換させる装置である。
   3 .
半透膜により、純水を作るための装置である。
   4 .
真空脱気により、水中の二酸化炭素を取り除く装置である。
   5 .
高分子気体透過膜により、水中の酸素を取り除く装置である。
( 二級ボイラー技士試験 平成30年10月公表 ボイラーの取扱いに関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
1.誤っています。
鉄イオンが減少するのではなく、カルシウムイオン、マグネシウムイオンが減少します。

2.正解です。
単純軟化装置は、強酸性陽イオン交換樹脂により水中の硬度成分であるカルシウムイオンとマグネシウムイオンを吸着させ、樹脂のナトリウムイオンと置換させる装置です。また、樹脂の交換能力が下がると、ナトリウムイオンを補給するために食塩水が用いられます。

3.誤っています。
半透膜により、純水を作るための装置は膜処理法です。

4.誤っています。
真空脱気により、水中の二酸化炭素を取り除く装置は物理的脱気法の中の真空脱気法になります。また、二酸化炭素だけではなく、酸素も取り除くことが出来ます。

5.誤っています。
高分子気体透過膜により、水中の酸素を取り除く装置は物理的脱気法の中の膜脱気法になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1は、イオン交換水製造法の説明です。

2が単純軟化法の説明です。

3は膜処理法の説明です。

4は真空脱気法の説明です。

5は膜脱気法の説明です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正答は「2」です。

設問は、単純軟化法によるボイラ補給水の軟化装置について問われています。

以下に、説明します。

 水中にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンという硬度成分が含まれています。

 これらはボイラ内で不溶性のスケールとなり、ボイラの運転を阻害する原因になりえます。

 そのため、強酸性陽イオン交換樹脂が充填された塔に水を通水することによって、水中の硬度成分と樹脂中のナトリウムとを置換させて硬度成分を除去する装置が、単純軟化装置です。

 なお、樹脂が硬度成分を除去する容量には限界がある(破過点といいます)ため、その都度濃塩化ナトリウム水溶液(食塩水)を通液させて再生させます。

以上の説明により、選択肢2が正しいことがわかります。

正答は「2」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。