過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第38923問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文中の[   ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、正しいものは( 1 )〜( 5 )のうちどれか。

「ガンタイプオイルバーナは、[ A ]と[ B ]式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が[ C ]、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。」
   1 .
A:ファン     B:圧力噴霧  C:広く
   2 .
A:ファン     B:圧力噴霧  C:狭く
   3 .
A:スタビライザ  B:圧力噴霧  C:広く
   4 .
A:スタビライザ  B:空気噴霧  C:広く
   5 .
A:ノズルチップ  B:空気噴霧  C:狭く
( 二級ボイラー技士試験 平成30年10月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
2が正解です。

ガンタイプオイルバーナは、ファンと圧力噴霧式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が狭く、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多いです。

ガンタイプバーナは主に、暖房用ボイラーや小容量のボイラーに使用されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
ガンタイプオイルバーナは、[ ファン ]と[ 圧力噴霧 ]式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が[ 狭く ]、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。

ガンタイプオイルバーナの説明です。

ガンタイプオイルバーナは形がピストルに似ていることから、こう呼ばれています。

ファンと圧力噴霧式バーナとを組み合わせたもので、
暖房用ボイラー、その他蒸発量3t/h程度以下の比較的小容量のボイラーに多く用いられています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正答は「2」です。

設問は、ガンタイプオイルバーナについて問われています。

以下に、説明します。

 設問の空欄を埋めると、以下のようになります。

 「ガンタイプオイルバーナは、『ファン』と『圧力噴霧』式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が『狭く』、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。」

 ガンタイプオイルバーナは、主に暖房用ボイラや、小容量ボイラに使用されています。

以上の説明により、選択肢2が適切であることがわかります。

正答は「2」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。