過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調剤報酬請求事務技能認定試験の過去問 | 予想問題 2021年10月公開問題 医事法規一般 問21を出題

問題

[ 設定等 ]
毒物劇物の取扱いについて、正しい文章を選びなさい。
   1 .
薬局が毒物・劇物を販売したり授与したりする場合、それぞれの販売業の許可を受ける必要がある。
   2 .
毒物または劇物を毒物劇物営業者以外の一般の人に販売した時には、その名称と数量、販売年月日、購入者の氏名・職業・住所を記載したものを受け取って5年間保存しなくてはならない。
   3 .
容器と被包には、毒物は赤地に黒い文字で「毒物」、劇物は白地に赤い文字で「劇物」と表示されている。
   4 .
販売業者が、毒物または劇物を保管する場合には、他の物とは区別すれば鍵のかかる設備は必要ない。
   5 .
毒物・劇物が盗難された場合、販売業者は直ちに保健所に届け出る必要がある。
( 調剤報酬請求事務の過去問/予想問題 2021年10月公開問題 医事法規一般 問21 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は2です。

1.毒物劇物の販売・授与を目的とする場合は、販売業の登録が必要ですが、それぞれの許可を受ける必要はありません

2.毒物劇物を販売する場合、

・毒物又は劇物の名称及び数量

・販売年月日

・譲受人の氏名・職業・住所

が記載された書面の提出が必要です。

また、従来は押印が必要とされていましたが、令和2年12月厚生労働省から不要とする旨通知されました。

3.容器と被包には、

毒物:赤字に白い文字で「毒物」

劇物:白地に赤い文字で「劇物」

と表示されています。

4.劇物は他の医薬品と区別された場所となりますが、毒物はさらに鍵がかかる場所での保管が必要です。

5.毒物劇物が盗難された場合は、直ちに警察への届けが必要です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は2番です。

「毒物」「劇物」の取扱いは、毒物及び劇物取締法で定められています。

毒物・劇物を販売または授与するには、販売業の登録が必要で、一般の人に販売した時には次の項目が必要です。

・毒物や劇物の名称と数量

・販売や授与の年月日

・販売などの相手の氏名、職業、住所

また、従来は押印が必要とされていましたが、令和2年12月厚生労働省から不要とする旨通知されました。

容器と被包にも下記のように表示されています。

毒物:赤地に白い文字で「毒物」

劇物:白地に赤い文字で「劇物」

保管場所は、他の物と区別された、鍵のかかる設備です。盗難された場合は、直ちに警察署に届け出る必要があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この調剤報酬請求事務技能認定試験 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。