過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調剤報酬請求事務技能認定試験の過去問 | 予想問題 2021年10月公開問題 医事法規一般 問23を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険について、正しい文章を選びなさい。
   1 .
被保険者は65歳以上である。
   2 .
介護保険料は全国一律である。
   3 .
主治医意見書には要介護度を記入する。
   4 .
認知機能の障害は介護保険の対象となる。
   5 .
地域包括支援センターは二次医療圏ごとに設置される。
( 調剤報酬請求事務の過去問/予想問題 2021年10月公開問題 医事法規一般 問23 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は4です。

介護保険の被保険者は、

 第1号被保険者:65歳以上

 第2号被保険者:40~65歳未満

となり、40歳以上が対象となります。

第2号被保険者が要介護認定を受ける場合は特定疾病が原因で、要介護状態と認められる場合で、特定疾病は以下のものとなります。

1.がん(末期)

2. 関節リウマチ

3. 筋萎縮性側索硬化症

4. 後縦靱帯骨化症

5. 骨折を伴う骨粗鬆症

6. 初老期における認知症

7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性 症およびパーキンソン病

8. 脊髄小脳変性症

9. 脊柱管狭窄症

10. 早老症

11. 多系統萎縮症

12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および 糖尿病性網膜症

13. 脳血管疾患

14. 閉塞性動脈硬化症

15. 慢性閉塞性肺疾患

16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形 を伴う変形性関節症

その他の選択肢については次の通りです。

1.介護保険の被保険者は40歳以上となります。

2.介護保険を実施運営するのは市町村及び特別区となるため、地域ごとに介護保険料は異なります。

3.主治医意見書と調査書を基に一次判定が行われます。

5.地域包括支援センターは市町村が設置主体となり、保険師・社会福祉士・主任介護支援専門員の連携により、看護・医療・保健・福祉などを支える総合窓口の役割となります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は4番です。

被保険者は40歳以上です。

保険者が市区町村であるため、地域ごとに介護保険料も変わります。

主治医意見書に基づいて要介護度が判定されます。

地域包括支援センターは市区町村単位で設置されます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この調剤報酬請求事務技能認定試験 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。