英検® 準2級 予想問題1
問8

このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

英検® 準2級 予想問題1 問8 (訂正依頼・報告はこちら)

Hanah was late for the internal meeting yesterday. All of her colleagues (-----) for an hour by the time she arrived there.

正解!

残念...

この問題の解説 (4件)

01

正解は4番です。

過去のある時点から「過去のある時点まで」待つという状態が続いていたことを表します。

1.過去を表すべきなのに、現在進行形では時制があいません。
2.待っているのに(仮定法)にする必要はありません。
3.待っている(現在形)では選択肢1と同様、時制があいません。
4.「昨日のミーティングで同僚が集まったとき」から「ハナ(彼女)が到着するまでの間1時間、継続して」待っていたという文意にあいます。

訳 : ハナは昨日の社内会議に遅れた。彼女の同僚は、彼女がそこに到着するまで1時間彼女を待っていた。

参考になった数19

02

正解は4番です。

選択肢から、動詞の時制を問う問題と考えます。

同僚たちは「ハナがオフィスに着いた」時点までずっとハナを待っていたということなので過去完了進行形(had been --ing)を用います。

過去完了形(had+過去分詞)は過去形の動詞と共に用いられて、それよりも前の時間を表します。
Ex.The plane had already taken off before they got to the airport.
(彼らが空港に着く前に、飛行機はもう離陸してしまった。)

1.現在進行形(今---している)
2.推量のwould(ひょっとすると---だろう)
3.現在形(事実や習慣を表す)
4.過去完了進行形(その時点までずっと---していた)

訳:昨日ハナは社内の会議に遅刻した。同僚は彼女がオフィスに着くまで1時間ずっと待った。

参考になった数8

03

時制の問題です。
by the time 主語+動詞で「~するときまで」という訳になりますので
「ハナがそこに到着するときまで、1時間彼女の同僚たちは待った。」という文章を完成させなければなりません。
気を付けなければならないのは、「ハナが到着した。」という過去時制より、同僚たちが待っていたという文の方がより過去になるので過去完了(大過去)の時制を使いましょう。
*had +過去分詞

過去完了の形をとるものは
4.had been waitingしかありませんので答えは4.had been waitingとなります。

他の選択肢の、
1.is waitingや3.waitsは現在形ですので違います。
2.would waitはwillという助動詞の過去形wouldを使っています。ですが過去形ですので、ここには当てはまりません。

訳:ハナは昨日社内会議に遅れてしまった。
彼女が会議の場に到着するまで1時間同僚は待ち続けていた。


参考になった数4

04

昨日、ハナは会社の会議に遅れた。彼女の同僚は、ハナが到着するまで1時間( )。

現在進行形の1と現在形の3は、答えの候補から外れることがすぐにわかります。
2と4のどちらを選ぶかですが、ハナの同僚はハナの到着という過去のある1時点よりもさらに前から待ち続けていたという事実を考えると、答えは過去完了進行形の4番になります。

昨日、ハナは会社の会議に遅れた。彼女の同僚は、ハナが到着するまで1時間待ち続けていた。

参考になった数3