過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 準2級 予想問題1 問15

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
Benjamin had studied (-----) 10:00 pm because he has the final exam.
   1 .
whenever
   2 .
by
   3 .
until
   4 .
during
( 英検® 準2級の予想問題 問15 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

12
正解は3番です。

「ベンジャミンは午後10時まで勉強した。」という文意になるように選択肢を探します。

2のbyと3のuntilが候補として考えられますが、byは「期限(~までに)」を、untilは「継続(~までずっと)」を表します。ここではuntilが適切です。

1.whenever(接続詞)「---する時はいつでも」
4.during(前置詞)「---の間じゅうずっと」

訳:期末試験があるので、ベンジャミンは午後10時までずっと勉強した。
付箋メモを残すことが出来ます。
3
時を表す前置詞の問題です。
「ベンジャミンは、最終試験のために夜10時(__)勉強した。」
とあります。
選択肢は、
1.whenever:~する時はいつでも
2.by:~までに(締切などを表す)
3.until:~まで、~になるまで(~までずっとという表現)
4.during:~の間ずっと
となります。「夜10時までずっと勉強した。」という文にしたいので3.untilが正解となります。

訳:ベンジャミンは最終試験のため夜10時まで勉強した。

2
正解は3番です。

午後10時まで継続して勉強していた場合には"until"を使います。同じような言い方としてはbyがありますが、これは午後10時の時点では勉強していたけれど、それまでの間、継続してずっと勉強していなくてもいいのです。

訳:ベンジャミンは夜の10時まで勉強をしていました。というのは期末試験があるからです。
1
完了形の文章で、「(時間)まで」を表す前置詞を選ぶ問題です。

現在完了形や過去完了形が現在形や過去形と大きく異なる点は、時間に幅があるという点です。
つまり、「ベンジャミンは夜の10時まで`ずっと`仕事をしていた」のです。

「ずっと」の意味を表現しなければいけないので、答えは3のuntilです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。