過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 準2級 予想問題1 問105

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
The puppy was (-----) watched by a old lady, when it was walking around the park by itself.
   1 .
have
   2 .
to
   3 .
being
   4 .
having
( 英検® 準2級の予想問題 問105 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

8
正解③

主語がThe puppy(子犬)である点に注目してください。空所直後の過去分詞watchedに「見られた」の意味になるように受動態でつながるように考えてみましょう。選択肢中では③beingを選択して、be動詞+being+過去分詞の形にして進行形の受動態を作ります。

全訳:その子犬はひとりで公園を歩いていた時、老婦人に見られていた。
付箋メモを残すことが出来ます。
6
正解は3番です。

when節が過去進行形になっているので、この動詞も同じ過去進行形にします。

受動態の進行形は、be動詞+being+過去分詞の形です。

訳:「その子犬は公園をひとりで歩き回っているところを老婦人に目撃されていました。」
2
子犬が公園の周りを歩き回っていたとき、1人の老女に「見られていた」という受動態の進行形を作る必要があります。be動詞+being+過去分詞が基本形なので、3.beingが正解となります。その他の選択肢は文法的に成り立ちません。
1
正解は3 番です。

子犬"puppy"は女性に「見られていた」とするのが文意に合います。
"be+~ing+過去分詞"で受け身の過去形となります。

訳: 子犬は、公園の周りを1匹で歩き回っていたそのとき、女性にじっと見られていた。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。