過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 3級 予想問題 問58

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
It’s very important for us (------) the exam.
   1 .
to pass
   2 .
pass
   3 .
passes
   4 .
passed
( 英検® 3級の予想問題 問58 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

7
It for toの構文の問題です。
*It is(was)… for人+to不定詞:人にとってto以下は…だ。
という訳になります。

よって正解は1.to passです。
この場合のItはto以下の主語の代わりにおく、というイメージを持ちましょう。


他の選択肢は、いずれも文頭にIt is…と動詞がきているので当てはまらないことが想像できます。

訳:私たちにとって試験に合格することはとても大切だ。

付箋メモを残すことが出来ます。
4
正解①
訳:私たちがその試験に合格することはとても重要です

この問題では、不定詞の意味上の主語に関する文法の理解が必要となります。
ここで以下の文を見てみましょう。

It is hard for me to speak English.
訳:私にとって英語を話すということは難しいことだ

英語は、文の先頭に来る主語が長くなることを避ける傾向にあります。
上記の文の訳を見てみると、主語は「英語を話すということ」、つまり英語では"to speak English"の部分に当たります。
しかし、ここでは主語が長くなるのを避けるため、代わりに短い主語"it"を文の先頭に置いています。
この代わりの"it"は形式主語と呼ばれ、本当の主語、ここでは"to speak English"は、意味上の主語と呼ばれます。

なので本来ならば、
To speak English is hard for me.
となるのですが、短い主語が好まれるために、形式主語itを用いて
It is hard for me to speak English
と使われるのが一般的です。

この不定詞の意味上の主語の用法は、
It is ~ for … to ---
という形でよく使われ、
…にとって(が)---するのは~だ
という意味を示します。

このため、この問題文では、不定詞のtoがpassという動詞の前にくるのが適切なので、正解は①となります。
2
正解は1番です。

これは、It is~for A to+動詞の原形---
(Aが---することは~だ)
という形式主語の構文です。

to+動詞の原形---の代わりに、that+S+V---の形をとることもあります。

問題文は、It is important that we pass the exam.ともできます。

訳)我々がその試験に合格することは非常に重要だ。

-1
正解は1番です。

It is … to ~の構文では、to 不定詞を使います。
不定詞はto の後に動詞の原型です。

訳:
私たちにとって、試験に合格することはとても重要だ。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。