過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 3級 予想問題 問133

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
A : Open the window, please.
B : OK. Is there (------) else?
   1 .
everything
   2 .
nothing
   3 .
something
   4 .
anything
( 英検® 3級の予想問題 問133 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

7
疑問文で直後にelseを伴い「他に何か」という意味で使えるのは、4.anythingだけです。somethingは肯定文で使う物であって、疑問文や否定文では基本的に使いません。
付箋メモを残すことが出来ます。
4
正解は4番です。

疑問文の時は、somethingではなく、anythingを使います。

訳:
A:窓を開けて下さい。
B:わかりました。他にご用はありますか?
4
正解は4番です。

Bさんは「他に(何か)ありますか」と聞いています。疑問文ですのでanythingが入ります。

1.everything 「何でもみな」という代名詞です。

2.nothing 「何も…ない」という代名詞です。

3.something 「何か」という代名詞です。主に肯定文で使われます。
3
答えは4です。
訳 A:「窓を開けてください。」
  B:「わかりました。他に何かありますか?」

この問題は、AとB二人の対話文形式の問題になっています。

文脈として、選択肢の1と2は、文意が通らなくなってしまうので除外されます。

残りは3か4ですが、この(   )のある文は疑問文なので、4が正解となります。

よろしければ、以下も御覧ください。

someとanyの関係
基本的に、
some:肯定文の中で、「いくつかの」という意味で使われる
any:疑問文・否定文の中でsomeの代わりに使われ、疑問文では「いくつかの」否定文では「ひとつも(〜ない)」という意味になる
という関係になります。
この関係は、somethingとanythingの間にも存在しています。
補足として、anyが肯定文中で使われるときは、「あらゆる、すべての」という意味になることが、多々あります。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。