過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 3級 予想問題 問177

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
There are ten more days until the exam, (------) there?
   1 .
are
   2 .
aren’t
   3 .
is
   4 .
isn’t
( 英検® 3級の予想問題 問177 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

3
正解は2番です。

相手に同意を求める付加疑問文は、肯定文の時は否定文を使います。
人称・時制は最初の文に合わせます。

訳:
試験までまだ10日ありますよね?
付箋メモを残すことが出来ます。
3
正解は2番です。

S+V---,( )?の形から、付加疑問文と判断します。付加疑問文とは相手に念を押す表現です。

肯定文の場合は「,助動詞[be動詞]の否定の短縮形+代名詞?」を加えます。

Ex.
You are from Tokyo, aren't you?
(あなたの出身は東京でしたね。)
You like potatoes, don't you?
(あなたはジャガイモがお好きでしたね。)
You can speak English well, can't you?
(あなたは英語がお上手でしたよね。)

否定文の場合は「,助動詞[be動詞]+代名詞?」を加えます。

Ex.
You aren't a student, are you?
(あなたは学生ではないのですね。)
You don't like cats, do you?
(あなたは猫がお好きではないのですね。)
You can't swim, can you?
(あなたは泳げないのですね。)

ちなみに、There is[are] A「Aがいる、ある」の構文では、主語はA(名詞)です。
Ex.
There are many trees in the park, aren't there?
(この公園にはたくさんの木がありますよね。)

訳)試験まであと10日ありますよね。
2
②aren't:付加疑問文の形に当てはめられるため、正しいです。
訳:試験まであと10日ですよね。

①are(意味が不自然なため、誤りです。)

③is(主語が単数の時にしか使えないため、誤りです。)

④isn't(主語が単数の時にしか使えないため、誤りです。)


付加疑問文の形にできる②が正しいです。

★付加疑問文について
「~ですよね」、「~ではないですよね」と相手に同意を求める疑問文を「付加疑問文」といい、肯定文+動詞notで作る事ができます。
2
正解は2番です。

試験まであと10日です(よね)。
〜, aren't there?は付加疑問文です。今回はThere areの肯定文ですので、コンマ+Be動詞否定の短縮形+there?という形です。

1.are notがついていないので不可です。

3.is 主語(ten more days)が複数のため不可です。

4.isn't 主語が複数のため不可です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。