過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 3級 予想問題 問178

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
He is one of the people (------) started the company.
   1 .
where
   2 .
whose
   3 .
what
   4 .
who
( 英検® 3級の予想問題 問178 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

6
④who:先行詞が人の場合に使えるため、正しいです。
訳:彼は会社を立ち上げた人々の1人です。

①where:先行詞が場所の時に使える関係副詞です。

②whose:先行詞が所有格の時に使えるため、誤りです。

③what:先行詞がthe thing(s)(「~すること」「~するもの」)の時に使うため、誤りです。


④が正解です。


★関係詞について

文と文を繋いで修飾する時に使われる語句で、関係代名詞と関係副詞に分ける事が出来ます。

(1)関係代名詞
関係代名詞は先行詞(人や場所など修飾する対象)が主格か所有格か目的格かにより、使える代名詞が変わってきます。
その時で使える関係代名詞を紹介していきます。

who:先行詞が人、主格

whose:先行詞が人又は人以外、所有格

whom:先行詞が人、目的格

which:先行詞が人以外、主格又は目的格

what:先行詞が人以外、主格

that:所有格の以外全て


(2)関係副詞

where:先行詞が場所

when:先行詞が時間

why:先行詞が理由(the reason)

how:先行詞が方法(the way)


関係代名詞は名詞の代わり、関係副詞は副詞の代わりに用います。
付箋メモを残すことが出来ます。
2
正解は4番です。

先行詞が人の場合、関係代名詞whoを使います。
3番のwhoseは所有を表す場合に使います。

訳 :
彼はその会社を始めた人たちの一人である。
0
正解は4番です。

彼はその会社を始めた(ところの)人たちの一人です。
①He is one of the people と ②He started the companyをつなげるときに②のHeの代わりに主格の関係代名詞whoが入ります。先行詞は人です。

1.where 関係副詞です。

2.whose 所有格の関係代名詞です。

3.what 先行詞を含む関係代名詞です。
0
正解は4番です。

「one of the+複数名詞」で、「(名詞)のうちの一つ」の意味です。

空所は、He is one of the peopleとあとに続く文をつなぎ、さらにその文の主語を兼ねています。
ですからここは主格の関係代名詞が入ります。

訳)彼はその会社を興した一人だ。



問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。