過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

英検® 3級 予想問題 問183

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
I don’t know (------) I can solve the problem.
   1 .
how
   2 .
when
   3 .
what
   4 .
whose
( 英検® 3級の予想問題 問183 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この問題の解説 (4件)

6
正解は1番です。

I don't know ( ) I can solve the problem.

空所はI don't knowとI can solve the problemをつなぐ語が入ります。さらに、空所が後に続く節の中でどんな働きをするのかを見極める必要があります。

I can solve the problemは、I(S)can solve(V) the problem(O)と文が完結していますので、空所の語は副詞的な働きをしていると考えます。

すると、1番のhow(どのように)か2番のwhen(いつ)が考えられますが、文意から1番を選びます。

訳)どのようにしてそれを解決してよいか分からない。

いわゆる疑問詞(5W1H)は、名詞または副詞の働きをしながら、文と文をつなぐ役割を兼ねていると考えるとよいでしょう。
関係代名詞、関係副詞、間接疑問文、従属接続詞など、文法的には別個のものと考えられているようですが、英語圏の人々はこれらを厳密に区別しているわけではないように思います。

Who「誰(名詞)」
What「何(名詞)」
Which「どれ、どの(名詞)」
When「いつ(副詞)」
Where「どこで(副詞)」
How「どうやって・どのくらい(副詞)」

話をふくらませていく必須アイテムと考えるといいですね。
付箋メモを残すことが出来ます。
4
正解は1番です。

「どのようにして~であるか」を表す関係副詞 how を選択します。

訳 :
私はどのようにしてその問題を解くかわからない。
2
①how:先行詞が方法の時に使うため、正しいです。
訳:どうやってその問題を解けばいいか解りません。

②when:先行詞が時間の時に使うため、誤りです。

③what:先行詞が「~すること」の時に使うため、誤りです。

④whose:所有格の時に使うため、誤りです。


①が正しいです。
1
正解は1番です。

①I don't know the way. と
②I can solve the problem in it. をつなげます。
②のin itを関係副詞 how に置き換えて前に出すと、
how I can solve the problem となり、これを①の方法をあらわす先行詞 the way とつなげると、
I don't know the way how I can solve the problem.となります。
しかし、現在では the way how となるのはまれで、今回は the way を消して
I don't know (how) I can solve the problem. となります。

後半のI can solve the problem が完成した文であることから関係副詞が入ると判断できます。

訳)私はその問題を解決できる(方法)を知りません。

2.when 時をあらわす先行詞につながる関係副詞です。

3.what 関係代名詞です。

4.whose 関係代名詞です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この過去問.com 英検® 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。