普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11609問 出題

問題

50km/hで走行中の普通自動車の停止距離は約32メートルである。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(1件)

評価する
17
評価しない
車が停止するのに必要な距離のこと停止距離といい,次の2つを足したものが停止距離となります。
①空走距離
 …運転者が危険を感じてブレーキを踏み,ブレーキが効き始めるまでに進む距離。
②制動距離
 …ブレーキが効き始めてから車が停止するまでに進む距離。

運転者が危険を感じてブレーキを踏み,ブレーキが効き始めるまでにおよそ1秒かかるとされています。問題の50km/hで走行している場合,50km/h×1秒=14mとなり,この1秒間に進む距離(空走距離)は約14mとなります。

次に制動距離は「制動前の速度(km/h)の2乗÷(254×摩擦係数)」で求められるので,問題の50km/hで走行している場合,50×50÷(254×0.55)≒18mとなります。なお,路面の種名や乾燥状態などで摩擦係数は変わります。

よって停止距離は空走距離と制動距離の合計なので,50km/hで走行中の車の停止距離は,14+18=32mとなります。

ただし,注意不足などで空走距離が長くなったり,路面の状況などによっては制動距離が長くなったりして,停止距離が計算式よりものびることがあります。
評価後のアイコン
2015/02/12 01:11
ID : tggzqpftgx
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。