過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

オートマチック車はアクセルペダルを踏まなくても、クリープ現象によりゆっくり前進することがある。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

マニュアル車にはないオートマチック車特有の現象として『クリープ現象』があります。
(クリーピング、摺り足現象などとも言われます。)

これはチェンジレバーが「P(パーキング)」か「N(ニュートラル)」以外に入っている場合、
すなわち「D(ドライブ)」「R(リバース)」「2(セカンド)」などに入っている場合は、
アクセルペダルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象のことを言います。

2015/07/08 17:07
ID : othcyvkus
0

正解は○

車種により異なりますが、ブレーキから足を離してしばらく放置しておけば、時速10kmくらいまで速度が上がります。

2015/05/02 12:02
ID : tduhfmhdhn
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。