過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

タイヤが減っていたり雨が降っていたりすると制動距離が長くなる。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

タイヤがすり減っていたり雨で路面が濡れていたりすると、
停止するための力が通常時より弱くなるため制動距離は長くなります。

ちなみに
『停止距離=空走距離+制動距離』
であり

空走距離:運転者が危険を感じてからブレーキを踏み始めるまでの距離

制動距離:ブレーキが効き始めてから停止するまでの距離

のことを指します。

2015/07/08 17:33
ID : othcyvkus
0

正解は○

制動距離は様々な要因が関係して長くなったり短くなったりします。

問題のようにタイヤが減っていたり、雨が降っていると制動距離は長くなります。

凍結路面や砂利道などの悪路でも制動距離は長くなります。

2015/05/02 13:39
ID : tduhfmhdhn
0

その通りです。

制動距離とは、実際にブレーキが効き始めてから止まるまでの距離のことで、

重い荷物を積んでいる時や、路面が雨に濡れている時、タイヤが摩耗している時に制動距離が長くなります。

他に空走距離というものがあり、
空走距離とは、自動車を停止させる必要があるとドライバーが感じた瞬間から、ブレーキを掛け始めるまでに自動車が走る距離のことです。

空走距離と制動距離を足したものを停止距離といいます。

2014/05/17 16:29
ID : httzvqnx
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。