普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11727問 出題

問題

雨の日に運転する時には、晴れの日よりも車間距離を長くとったほうがよい。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
道路交通法 第二十六条
(車間距離の保持)
車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

雨の日、すなわち路面が濡れている状態では、ブレーキを踏んだ際に滑るため停止距離が長くなります。
乾いた路面でも、急ブレーキで追突しない程度の車間距離を取ることはもちろん必要ですが、雨の日は滑ることを考慮してさらに距離を取ることが求められます。
評価後のアイコン
2017/02/05 11:18
ID : frzqtrur
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
車を運転する際,先行車が急停止してもこれに追突しないような安全な車間距離を保たなければいけません。
【法的根拠】道路交通法第26条

一般道路(~60km/h)においては,概ね現在の速度の数字から「15」を引いた距離(m)以上が安全な車間距離とされます(乾燥した舗装道路において)。
<例1>30km/hで走行時の安全な車間距離 →30-15=15m以上
<例2>60km/hで走行時の安全な車間距離 →60-15=45m以上

また高速道路においては,現在の走行速度の数字と同じ距離(m)以上が安全な車間距離とされます(乾燥した舗装道路において)。
<例>100km/hで走行時の安全な車間距離 →100m以上

なお,路面が濡れていたりタイヤのすり減りが激しい場合,摩擦係数が著しく低下して「停止距離」がのびるため,通常の約2倍程度の車間距離が必要となることがあります。雨の日は,いつも以上に車間距離をとって運転しましょう。
評価後のアイコン
2015/04/06 02:09
ID : tggzqpftgx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。