過去問.com

普通自動車免許 学科試験    自動車免許 過去問 | 無料の過去問題

問題

運転手には自動車を後退させる時にはシートベルトの着用が免除される。

 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
この自動車免許 過去問の解説(3件)
3

運転者は,後退時にシートベルトの着用が免除されます。これは,後退時の後方確認に際して,運転者が身体をひねるなどの行為をするためです。

なお自動車の運転者は,運転者自身が座席ベルト[シートベルト]を装着しなければいけません。また助手席や後部座席の同乗者にもこれを装着させなければなりません。なお,エアバッグを装着していようがいまいが座席ベルトを装着するのは義務です。

しかし,疾病などでやむを得ない場合や,運転者に限っては自動車を後進させるときなどは座席ベルトの着用が免除されます。
【法的根拠】道路交通法第71条の3,道路交通法施行令第26条の3の2

2015/04/06 02:28
ID : tggzqpftgx
付箋メモを残すことが出来ます。
2

自動車の後退時、ドライバーは体をひねって後方を見る為、シートベルトの着用が却って体を固定してしまい危険という考え方もあります。

その為、道路交通法施行令に
「自動車を後退させるため当該自動車を運転するとき」
は、シートベルトを着用しなくてもよい旨、記載があります。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/ko-tu-ihan/FAQ/ihan-seetbelt-menzyo.htm

そういった政令がある為、自動車の後退時はシートベルトをしなくても問題ありません。

ただ後退時とはいえ、後ろから車が追突してくる可能性もある為、安全のためシートベルトは締めた方が良いでしょう。

2014/05/11 01:28
ID : httzvqnx
0

まず、原則として、運転中はシートベルトをすることが義務付けられています。(道路交通法第七十一条の三)
しかし、怪我や体型、その他安全上の理由によっては、シートベルトの着用を必須とすると不都合が生じてしまう場合があるため、別の法律によって例外が定められています。

道路交通法施行令第二十六条の三の二
法第七十一条の三第一項 ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。
三  自動車を後退させるため当該自動車を運転するとき。

以上より、車の後退の際はシートベルト着用が免除されます。

2017/02/08 11:26
ID : frzqtrur
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 普通自動車免許の授業
  • まだ、授業がありません。
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この自動車免許 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。