普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11927問 出題

問題

車両通行帯がある道路では、渋滞を防ぐためにあいている車両通行帯に進路変更しながら通行すべきである。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
車は,みだりにその進路を変更してはいけません。これは,後続車に迷惑(急ブレーキや急ハンドルなど)をかけるなどして,大変危険であるからです。
【法的根拠】道路交通法第26条の2

また,以下のように最右端は追い越しなどのためにあけておく必要があります。
①車は,同一の方向に2線の車両通行帯がある場合,左側の車両通行帯を通行しなければなりません。この時,右側の車両通行帯は,追い越しなどのためにあけておきます。

②車は,同一の方向に3線以上の車両通行帯がある場合,最右端の車両通行帯を追い越しなどのためにあけておき,それ以外の車両通行帯を通行いることができます。この時,速度の遅い車は最左端の車両通行帯を,速度が速くなるにつれて順次右側の車両通行帯を通行しましょう。

なお,軽車両・原動機付自転車・小型特殊自動車は構造上速度が遅いため,やむを得ない場合を除いて,最左端の車両通行帯を通行しなければなりません。
【法的根拠】道路交通法第20条
評価後のアイコン
2015/03/13 03:02
ID : tggzqpftgx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
右側の車両通行帯は「追い越し車線」です。
頻繁に車両通行帯を変更する運転は危険なため、そういった運転はするべきではありません。
評価後のアイコン
2014/05/24 17:42
ID : httzvqnx
評価する
0
評価しない
車両通行帯は、正当な理由がなければ進路変更してはいけません。
例えば、「追越し」「右左折のための進路変更」「危険回避のための進路変更」「緊急自動車に進路を譲るための進路変更」などです。

また、2つの車両通行帯は右側の車両通行帯は追越しや右折の車が通行する場所です。
3つ以上の車両通行帯は1番左側の車両通行帯が速度の遅い車、速度が速くなるにつれて順次右側寄りの車両通行帯を走行します。
最も右側の車両通行帯は追越しや右折の車が通行する場所です。
評価後のアイコン
2017/10/12 16:01
ID : yukayrqnf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。