過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

自動車免許の過去問「第11958問」を出題

問題

睡眠作用のある薬を飲んだときには、車の運転を控えなければならない。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
( 普通自動車免許 学科試験 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
居眠り運転の原因となってしまいます。
睡眠作用のある薬を飲んだときには、運転を控えましょう。
評価後のアイコン
2017/11/20 23:10
ID : yukayrqnf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
睡眠作用のある薬(風邪薬や頭痛薬など)を飲んだときは,車の運転を控えましょう。居眠り運転や判断力等の低下は大事故のもとです。極力運転を控えてください。

なお,過労や病気,薬物(麻薬や覚醒剤など)などによって正常な運転ができない恐れがある状態で車を運転してはいけません。
【法的根拠】道路交通法第66条
評価後のアイコン
2015/03/01 20:57
ID : tggzqpftgx
評価する
0
評価しない
居眠り運転につながる恐れがありますので、睡眠作用のある薬を飲んだときは運転を控えてください。
評価後のアイコン
2014/05/31 14:50
ID : httzvqnx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。