過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

夜間の走行中に、自車と対向車のライトにより、道路の中央付近の状況が見えにくくなる現象を蒸発現象という。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

自車と対向車のライトの光が重なり合うことにより、その間にいる人や物が見えなくなる現象を「蒸発現象」といいます。
https://www.police.pref.gunma.jp/koutuubu/01kouki/jiko/douro/jouhatu.html

2014/05/11 01:39
ID : httzvqnx
2

夜間,自車の前照灯と対向車の前照灯が重なる道路の中央付近では,歩行者や自転車が見えなくなることがであり,これを蒸発現象といいます。

そのため,夜間に走行する際は特に速度に注意し,横断歩道付近では必ず横断者がいないかを横断歩道の端から端まで確認しましょう。

2015/08/01 03:03
ID : tggzqpftgx
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。