過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)の過去問/予想問題「第55768問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の中から、適切なものを選びなさい。
   1 .
ジェネリック医薬品とは、有効成分の化学構造が先発医薬品と同じであり、先発医薬品の特許期間満了を待たずに開発・承認される医薬品である。
   2 .
薬価基準とは、医療保険から保険医療機関や保険薬局 (保険医療機関等)に支払われる際の医薬品の価格を定めたものであり、都道府県ごとに決められている。
   3 .
薬剤量の算定方法は、四捨五入方式であるが、15円以下の薬剤は一律1点となる。
   4 .
投薬量は調剤料、処方料、調剤技術基本料(調基)の合算であり、この算定は薬剤師が常勤していることが条件である。
   5 .
薬価は、内服薬、頓服薬、外用薬に区分されており、それぞれ1剤1日分、1回分、1調剤という単位で算定する。例えば外用薬でトローチが4錠/1日分、4日分処方された場合、1調剤は4錠となる。
( 医療事務の過去問/予想問題 医療用語及び医学・薬学の基礎知識 )

この過去問の解説

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。