過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)の過去問 | 予想問題 2021年5月公開問題 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識 問31を出題

問題

[ 設定等 ]
医事担当者の心得として、適切なものを次の中から選びなさい。
   1 .
保険証の確認は患者が提示したときのみに行っている。
   2 .
「時間がないので検査結果の説明をしてほしい。」と言われたので、口頭で伝えた。
   3 .
処方された薬を紛失したことを聞き、保険診療で再び処方できることを伝えた。
   4 .
個人情報保護のため、業務中に扱った診療録やその他の備品、メモ等は持ち帰らない。
   5 .
診療料金についての問い合わせは、医療に関わることなので説明は行わない。
( 医療事務の過去問/予想問題 2021年5月公開問題 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識 問31 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は4番です。

1.保険診療を受ける資格を確認するため、月初めと保険が変更になった際に必ず保険証を確認しなければなりません。

2.医師法により医師以外の者の医業は禁止されており、窓口担当者から患者に検査結果等の説明を行ってはいけません。

3.処方薬紛失の場合は自費診療となります。

4.個人情報保護のため、業務中に扱った診療録やその他の備品、メモ等は院内規定に沿って処理し自宅に持ち帰ってはいけません。

5.診療料金についての問い合わせは、医事担当者の業務範囲です。明細書に沿って説明することが望ましいです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない

正解は4です。

1

保険証の確認は、月の途中で保険証が変わったり公費が追加になったりといったことがあるため、定期的に確認が必要となります。

2

検査結果を伝えることについては、医師及び医療関係職と事務職員等での役割分担の推進ということで厚生労働省より通達が出ています。

医師の指示の下に看護職員及び臨床検査技師が行うことができるとされていますが、事務職員が説明することは明記されておりませんので、間違いとなります。

3

保険薬局で薬剤の支給を受けた後に薬剤を紛失した場合は、医療機関での処方箋の再発行費用と保険薬局での薬剤・調剤に関する費用は患者負担となります。保険ではなく自費での支払いとなります。

4

選択肢文の通りです。

5

患者からのカルテの開示や、診療料金について説明を求められたときは、速やかにこれに応じなければなりません。

医療従事者等は、診察情報の提供が第三者の利益を害するおそれがあるとき、診療情報の提供が患者本人の心身の状況を著しく損なうおそれがあるときは、診療情報の提供の全部又は一部を提供しないことができます。

患者が未成年者等で判断能力がない場合には、診療中の診療情報の提供は親権者等に対してなされなければなりません。

上記の点に注意して説明が必要となりますが、一部でも説明できない場合は、原則として文書によりその理由を示さなければなりません。また、苦情処理の体制についても併せて説明が必要となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。