過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)の過去問 | 予想問題 2021年5月公開問題 問43

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の中から、適切なものを選びなさい。
   1 .
生活習慣病管理料は入院時にも算定できる。
   2 .
生活習慣病管理料の対象疾患は、高血圧症、脂質異常症、メタボリックシンドロームである。
   3 .
てんかん指導料は初診で訪れた日には算定できない。
   4 .
特定疾患療養管理料は診療所で225点、100床以上の病院では147点である。
   5 .
特定疾患療養管理料は初診で訪れた日から算定できる。
( 医療事務の過去問/予想問題 2021年5月公開問題 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識 問43 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
0
評価しない

正解は3番です。

1.生活習慣病管理料は外来時にのみ算定できます。

2.生活習慣病管理料の対象疾患は、高血圧症、脂質異常症、糖尿病です。

3. および5. てんかん指導料、特定疾患療養管理料は初診の日から起算して1か月を経過した日以降に算定できることになっています。初診の日には算定できません。

4.特定疾患療養管理料は100床以上の病院では87点です。100床未満の病院の場合が147点、診療所が225点になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は3です。

1

生活習慣病管理料は、算定要件の注1より入院以外となっていますので、入院時は算定不可です。

2

脂質異常症、高血圧症、糖尿病が対象疾患です。

3

選択肢文の通りです。

初診日を含め、1カ月以内は算定不可です。

4

・診療所は、225点

・許可病床数が100床未満の病院は、147点

・許可病床数が100床以上200床未満の病院は、87点

での算定となります。

5

初診日を含め、初診日より1カ月以内の管理に対する費用は、初診料に含まれ算定不可です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。