過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

喫煙に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
喫煙は、くも膜下出血のリスク因子である。
 2 . 
21世紀における第2次国民健康づくり運動(健康日本21(第2次))では、成人喫煙率の数値目標が示されている。
 3 . 
母親の喫煙により、乳幼児突然死症候群のリスクが高まる。
 4 . 
未成年者へのたばこの販売は、健康増進法で禁じられている。
 5 . 
最近10年間における男性の喫煙率は、低下傾向にある。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 4 です。

1 喫煙はくも膜下出血、虚血性心疾患、がん、COPD、歯周病などのリスクを高めます。

2 健康日本21(第二次)では、2010年に19.5%の喫煙率を2022年に12%まで低下させるという数値目標を掲げています。

3 文章通りです。

4 未成年者へのたばこの販売を規制する法律は、未成年者喫煙禁止法です。

5 男性の喫煙率は、ここ10年ほど低下傾向ですが、女性は横ばいです。

2015/07/22 22:30
ID : ytvubsbkt
1

正解は 4 です。

社会・環境と健康/生活習慣(ライフスタイル)の現状と対策からの出題です。

1.喫煙は、くも膜下出血以外にも、肺がんをはじめ、多くのがんや脳血管疾患、喘息など多くの重要な疾病のリスク因子となっています。

2.健康日本21(第二次)では、①成人喫煙率の減少、②未成年の喫煙をなくす、③妊娠中の喫煙をなくす、④家庭・職場・飲食店等での受動喫煙の減少が掲げられています。

3.このほかにも妊産婦の喫煙は、早産や流産、胎児の発育異常などの危険性を高めることが明らかになっています。

4.未成年者の喫煙については、未成年者へのたばこの販売を「未成年者喫煙禁止法」にて禁じています。

5.出題当時であれば2003年の46.3%から2013年の32.2%と減少傾向が確認でき、直近でも30.3%と減少傾向は続いています。

2016/05/23 09:32
ID : oovsedpp
0

正解は 4 です。

未成年者へのたばこの販売は、未成年者喫煙禁止法で禁止されています。
健康増進法では、多数の者が利用する施設の管理者に対し、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう求めています。

2015/01/28 16:01
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。