過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

先天性風疹症候群に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
妊娠初期の風疹感染が危険である。
 2 . 
小児期に風疹感染の既往のある者が危険である。
 3 . 
妊婦ヘワクチンを接種することが推奨されている。
 4 . 
妊娠前に配偶者ヘワクチンを接種することが推奨されている。
 5 . 
特徴的な症候に、二分脊椎症がある。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 1,4 です。

2 風疹の既往歴がなく、抗体をもたない者が危険です。

3 妊娠中は風疹のワクチンを摂取することが出来ません。

5 二分脊椎症のリスクが高まる代表的な要因は、葉酸摂取不足です

妊娠初期に風疹に罹患すると、胎児が先天性風疹症候群を発症する可能性があります。具体的な症状としては白内障や緑内障といった眼の疾患、先天性心疾患、難聴などがあげられます。

2015/07/27 22:03
ID : ytvubsbkt
0

正解は 1と4 です。

免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患してしまうと、ウイルスが胎児にまで感染して、出生児に先天性風疹症候群を引き起こすことがあります。
そのため妊娠初期の風疹感染は危険であり、配偶者へのワクチン接種も推奨されています。

2.胎児期の風疹感染が危険です。

3.妊婦本人はワクチン接種を受けることができません。

5.特徴的な症候は、先天性白内障や心奇形などです。二分脊柱症は葉酸の欠乏でリスクが高まる症候です。

2016/05/23 09:51
ID : oovsedpp
0

正解は 1と4 です。

2:風疹感染の既往がない、及びワクチン接種歴がないことが問題となります。

3:妊婦は風疹ワクチンを接種することができません。

5:妊娠中に風疹に罹患すると、胎児に難聴(耳がよくきこえない)、白内障(目のレンズが白く濁り、よく目がみえない)、心臓構造異常(心臓の形の異常)などが起こりやすいとされています。感染時期が妊娠早期であるほど、その危険が高くなります(妊娠4週〜5週頃では50%以上の危険があります)。

2015/01/28 16:47
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。