過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖質と脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
リン脂質は、ホルモン感受性リパーゼにより分解される。
 2 . 
デオキシリボースは、6個の炭素原子をもつ。
 3 . 
グルコースは、5個の炭素原子をもつ。
 4 . 
ホスファチジルコリンは、糖質である。
 5 . 
ホスファチジルイノシトールは、リン脂質である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

1:リン脂質は、ホスホリパーゼにより分解されます。

2:デオキシリボースは、5個の炭素原子をもつ五単糖です。その他の代表的な五単糖として、リボースがあります。

3:グルコースは、6個の炭素原子をもつ六単糖です。その他の代表的な六単糖として、フルクトース、ガラクトースがあります。

4:ホスファチジルコリン(別名:レシチン)は、リン脂質で、細胞膜の構成成分です。

5:ホスファチジルイノシトールも細胞膜の構成成分です。

2015/01/29 08:18
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 5 です。

1 リン脂質はホスホリパーゼによって分解されます。ホスホとはリン酸、リパーゼとは脂質のエステル結合を加水分解する酵素のことを指します。

2 デオキシリボースは五炭糖です。

3 グルコースは六炭糖です。

4 ホスファチジルコリンはリン脂質です。レシチンとも呼ばれるグリセロリン脂質の一つです。

2015/08/05 22:07
ID : ytvubsbkt
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質・核酸の構造と機能からの出題です。

1.ホルモン感受性リパーゼによって分解されるのは、中性脂肪です。リン脂質を分解する酵素はホスホリパーゼです。

2.デオキシリボースは、5個の炭素原子をもちます。核酸を構成する五炭糖にはデオキシリボースとリボースがあって、このうちデオキシリボースはDNAの構成成分です。

3.グルコースは6個の炭素原子をもつ、六炭糖です。化学式はC6H12O6です。

4.ホスファチジルコリンは、脂質です。レシチンとも言います。

5.記載の通りです。ホスファチジルコリンと共に、グリセロリン脂質の一種です。

2016/05/29 13:39
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。